オンライン英会話 英語学習

【注意点も解説】自由を得る為に不可欠な錯覚資産の作り方

 

錯覚資産がある人は出世が早く、成功しやすいらしい。そもそも錯覚資産とは何?

またどうやって作るのか。

 

こんな悩みを解決したく、本記事を書いています。

 

 

※錯覚資産とは?

→ 人気書籍 【人生は運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている】 の著者 ふろむださんが作った造語。

「人々が自分に対して持っている、自分に都合のいい思考の錯覚」を表す。

★参考図書

 

Audibleで無料で読む

 

 

 

「なんであんな人が評価されているの?」「なんであの人が評価されていないの?」

とか、実際の能力と周りの評価は割にあってないケースをしばしば見かけると思います。

 

これらは「錯覚資産」をうまく活用出来ているか・いないかで決まるのです。

 

私自身、メーカーで10年営業マンをしていますが、この力を使ってチャンスをつかんだ経験が何度もります。

 

本記事では、錯覚資産がいかに成功するために必要か、また錯覚資産の作り方を自分の経験から解説しています。

 

 

・本記事を書く私は、、

 

大企業で10年間営業マンとして勤務。

週6勤務しつつ、仕事終わりの勉強を積み重ね、1年でTOEIC550→800点到達。

オンライン英会話3年400回以上・5社以上を受講経験あり。(今も継続中)

 

 

 

 

 

★参考図書

「人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている」


 

 

錯覚資産とは?

結論、

「人々が自分に対して持っている、自分に都合のいい思考の錯覚」

のことを言います。ハロー効果と呼ばれる心理効果によるものと言われています。(後光効果とも言われます)

ある対象を評価する時に、それが持つ顕著な特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる(認知バイアス)現象のこと。例えば、ある分野の専門家が専門外のことについても権威があると感じてしまうことや、外見のいい人が信頼できると感じてしまうことが挙げられる。

出典:出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

 

平たく言うと、はったりとも捉えられ、

人間の思考パターンから作られる心理効果です。

 

錯覚資産って、具体的にはどんなものを指す?

SNSフォロワー数

英語が話せる、という事実

TOEICの点数・資格を持っている

 

などなど、、

 

 

錯覚資産で人生が好転する

 

一度錯覚資産を手に入れると、良い循環が生まれる

錯覚資産とは、周りの人の「思い込み」の心理効果なので、一度形成すれば実際の成功がぐっと近づきます。

そして本物の実績を作れば、錯覚資産から、ホンモノの実績資産となり、出世につながるという好循環です。

 

このサイクルが形成できれば、あなたは成功に向かってまっしぐらに人生を進めることが出来るようになりますね。

 

 

 

 

【誰でも出来る】社会人にオススメな錯覚資産の作り方

 

ポイント

  1.  資格をとってスキルを身につける資産にする
  2.  オンライン英会話で簡単な日常英会話を習得 ⇦誰でも手軽に出来てオススメ
  3.  【一回だけでもOK】本業で目立った実績をつくる
  4.  副業を始める

錯覚資産を作りたいのであれば、まずは自分に出来ることからやってみましょう。

私は、英語が好きでしたが全く話せませんでした。なのでオンライン英会話にチャレンジ。1年半かかりましたがTOEIC870点、日常英会話はなんとか出来るようになりました。

すると上司から、海外事業部への異動の打診をいただけるまでになっています。

 

 

①TOEICで高得点をとる

 

ビジネス英語の力を示すのに最も手っ取り早いのがTOEIC。

就職・転職活動でもTOEICの点数は必ず評価されています。

私自身、転職活動を3年前に始めてTOEIC850点を超えてから、転職エージェントからのスカウト案件が急増しました。

 

tetsu アイコン
もともとの私のTOEIC点数は、550点くらいでした(笑)

 

 

 

②日常英会話を話せるようにする

ふだん仕事で英語を話すことがなくても、英語が必要な状況は今後増えることは間違いないでしょう。

その時に、日常英語だけでも話せると、周りから一目置かれることは間違いありません。

そのために、オンライン英会話で1日15分から試してみましょう。

空き時間でコツコツ実践するだけでも、毎日やれば1ヶ月で確実に成果を感じられますよ。

 

オンライン英会話を3年400回受けて、ここだけはオススメしたい、というのを別記事でまとめていますので、よかったら参考にしてほしいです。

【ひどい評判!?】ネイティブキャンプを3年で400回受けた上で解説します

 

 

③ 本業で目立った実績を作る

一度でもいいので、目立った実績を作ることができれば、同僚・上司のあなたを見る目は確実に変わります。

一度評価が上がれば、その後の仕事もやりやすくなり、さらに実績を出せるという良いサイクルを形成しましょう。

 

 

④  副業を始めてみる

副業を始めるのはかなりオススメです。

副業禁止の会社でも、初めは収益が上がらないので基本バレません。大きく収益が上がる頃には、バレてもスキルがついていること間違いなしなので、

問題なしです。(転職にもスキルは非常にプラスに働きます)

 

 

結果を出している人は、必ず錯覚資産を利用している

 

周りの人の評価が高い人が出世したり、評価されるこの社会において、「あの人は仕事が出来る」と周りの人にに評価されていれば

当然出世の道も近づきますよね。

そして、早くに成功・出世している人はほぼ例外なく、この錯覚資産の恩恵を受けており、

その高い評価のおかげでさらに次の仕事ももらえる、という仕組みを自分で作っているのです。

 

 

【注意点】錯覚資産を作る上でただ一つのデメリット

 

 

錯覚資産は、マイナスにも働きうる

「ある点で、非常に高い評価を得ている人は、その他のことでも高い能力を持っているのだろう」

上記のような思考が錯覚資産でが、これは悪い方向にも働いてしまいます。

 

 

ハロー効果は、良い印象から肯定的な方向にも、悪い印象から否定的な方向にも働く[2][1]逆ハロー効果(reverse-halo effect)負の形式のハロー効果により、人または製品の嫌いな特性または側面が全体に対して悪影響を与える可能性がある。

あばたもえくぼ」、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ということわざは、この効果を表している[2]

 

 

「一度信用を失うと、それを取り戻すのにものすごい時間・労力がかかる」ということはよく耳にしますよね。

「また同じようなミスを犯すんじゃないか」と捉えられてしまいがちになる。

これもまたハロー効果の一面と言えます。

 

 

もし少しでも錯覚資産に興味が湧いたら、ふろむだ氏の書籍を読むことをオススメします。

★参考図書

「人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている」


 

 

 

 

 

まとめ【錯覚資産 作り方に気をつける事が肝要】

 

周りの人、上司や同僚に良い印象を持たれたい、という気持ちは誰にでもあり、出世したいと考える人は特にそうだと思います。

うまく錯覚資産を手に入れ、自分にとっての味方を増やす習慣を形成すると、明日からの人生が大きく好転します。

 

 

 

もし少しでも錯覚資産に興味が湧いたら、ふろむだ氏の書籍をCheck

★参考図書

「人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている」


 

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。

 

-オンライン英会話, 英語学習